トップ | イベント | ブログ | ライブレポート | リンク | 問い合わせ | サイトマップ

カバーバンドグループの6742MILES  »  スティーヴィー・レイ・ヴォーンの来日ライブ動画


ブログ
ブログ : スティーヴィー・レイ・ヴォーンの来日ライブ動画
投稿者 : ken 投稿日時: 2020-10-15 11:45:08 (41 ヒット)

ワタクシの好きなギタリストの一人にスティーヴィー・レイ・ヴォーンがいます。

ハードロックやヘヴィ・メタルが全盛の80年代前半に登場。本国アメリカで物凄い人気があったそうです。あの時代にブルースを主体としたアーティストでここまで人気が出たのは異例なんじゃないですかね。

その人気ぶりがうかがえるエピソードとしては1989年にニューヨークのマジソン・スクウェアガーデンでスティーヴィー・レイ・ヴォーンのライブがあったんですが、その前座がなんとジェフ・ベックだったそうです。

「逆じゃね?」

って言う印象が多いと思います、日本では。日本はジェフ・ベック人気はすごいですからね。スティーヴィー・レイ・ヴォーンが日本ではあまり知られてなかったってこともあるんでしょう。

でも、当時のアメリカではレイ・ヴォーンはそれほどの人気を誇っていたってことです。

その後、日本でも徐々に認知度が高まり、初来日したのが1985年の1月。映像を見るとわかりますが、もうギターショーって感じです。オープニングからエンディングまでギター弾きまくりです。まさにブルースの洪水といった感じ。

このステージを見た人でレイ・ヴォーンに憧れてFenderのサンバーストのストラトキャスターが欲しくなった人は多かったはず(ピックガードは黒に変更したりしてね)。

動画があったので興味あれば見てみてください。かつてこのライブ映像はVHSで発売されていたそうですが、現在は廃盤となっており、中古ショップなどかブートでしか手に入らない状況となっています。

Texas Floodでストラトを背中に持ってきてソロを弾きまくるパフォーマンスも見られます(そしてそのまま歌に戻ってギターも弾く)。

今ではスティーヴィー・レイ・ヴォーンモデルのストラトキャスターは手に入ります。いくつかモデルはありますが、ワタクシが弾いたものはすごく弾きやすかった記憶があります。モノとして出来がいいんでしょうね。

Stevie Ray Vaughan Signature / Fender Stratocaster


 

Stevie Ray Vaughan Signature / Fender Stratocaster(他モデル一覧)

レリック加工(わざと年数を経たような加工をしたり、使い古したような加工をする技術)もここまで近づければすごいものですね。カッコいい!!

またスティーヴィー・レイ・ヴォーンの音として欠かせないのが愛用していたというチューブ・スクリーマー。このオーバードライブは単体ではそれほど歪みは得られませんが、アンプと組み合わせたり、他のオーバー・ドライブと組み合わせたりすると真価を発揮します。

ブースターとしても使用できるので利用価値は高いと思います。ギタリストのエフェクターボードを見せてもらうと、必ずTS9があるほどメジャーなエフェクターですね。

Ibanez ( アイバニーズ ) / TS9 Tubescreamer チューブスクリーマー

Ibanez ( アイバニーズ ) / TS9 Tubescreamer チューブスクリーマー

ワタクシは以前持っていましたが、別のオーバードライブを購入して手放してしまったため、ちょっと後悔しています。今買うなら、ミニチューブスクリーマーですね。ミニマルにしてくれるのは本当に助かります。エフェクターボードが少しでも軽くなるのはありがたいですね。

Ibanez ( アイバニーズ ) / TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーIbanez ( アイバニーズ ) / TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマー

スティーヴィー・レイ・ヴォーンは1990年に事故で亡くなってしまい、もうライブを見ることはできませんが、かつてのライブのいくつかはDVD化もされているので興味が出たらぜひ見てみてください。

ワタクシのおすすめはエル・モカンボでのライブ。会場が小さめなのがイイですね。こんなところでレイ・ヴォーンのライブ見られた人は幸せだよな〜。

ライヴ・アット・エル・モカンボ [DVD]

レイ・ヴォーンのストラトの音は本当に素晴らしい。ワタクシはストラト持っていませんが、見るたびに欲しくなりますよ。クリーンもドライブした音もどちらも素敵です。特にLennyという曲のクリーントーンは最高です。こんなギター弾きたい!

ただ、忘れちゃいけないのがリズム隊のベース(トミー・シャノン)とドラム(クリス・レイトン)。すんごいリズムが的確です。トミーはかなり背が高い。レイ・ヴォーンと並ぶとよくわかります。クリスは金髪イケメン。こういうメンバーがいるからレイ・ヴォーンのギターが映えるってもんです。いいバンドだよな〜ダブルトラブル。



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
















サウンドハウス

Powered by FiREBiRD © 2010 - 2020 6742MILES